/

三つの資源の一つ「ゴム」

ゴムは150年以上も前から世界の政治と環境に影響を及ぼしてきました。
機械の可動部分を連結し、保護するゴムは、
機械を作る鉄、機械を動かす化石燃料と並んで、
工業化に欠かせない三つの資源の一つです。

ゴムと聞くと、合成ゴムを連想する人が多いかもしれません。
しかし実際には、世界で生産されるゴムの4割以上は天然ゴムが占め、
そのほとんどがパラゴムノキの樹液から作られています。
合成ゴムは安価だが強度や柔軟性で劣り、
振動への耐久性も天然ゴムより低くなります。
そのため、コンドームや手術用の手袋、航空機のタイヤなど、
破損が深刻な事態を招く製品には、今も天然ゴムが選ばれています。

現在ゴムノキが栽培されているのは東南アジアに限定されています。
世界経済の浮き沈みにかかわらず、ゴムの需要は高まる一方で、
ゴム景気のおかげで多くの人が貧困から抜け出し、豊かさを手に入れています。

世界の天然ゴム生産量は、
1983年の約400万トンから現在は1200万トン近くに増加しています。
その影響をまともに受けたのが、生産地の天然林です。
中国の一部地域やベトナム、ラオス、タイ、カンボジア、ミャンマーでは、
ゴム農家が森林を伐採し、ひたすらゴムノキだけを植えています。
その結果、世界でも有数の多様性を誇る自然が単一栽培の農地に取って代わられ、
生態系の基本的な機能が脅かされているそうです。
東南アジアで起きているこうした環境の変化は、
「人類史上、最速にして最大級の規模」だといわれています。

この単一栽培は、生産性は高いが脆弱と言われます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自動車の製造に必要なほとんどの材料を自前で調達していたフォードは、
ゴムの自給を目指して1920年代、
ブラジルのアマゾン川流域に約1万平方キロの森林を購入し、
広大なプランテーションを造りました。
大量の労働力を投入して森を開墾し、米国の中西部風の街を建設。
熱帯林に突如として出現したこの巨大な街は、フォードランディアと呼ばれました。
フォードが投じた費用は総額2000万ドル、現在の価値にすると3億ドル(約360億円)。
しかし1935年、避けがたい破局がついに訪れます。
フォードランディアのプランテーションで南米葉枯れ病が広がり、
わずか数カ月で全滅してしまったのです
天然のパラゴムノキは広い森に点在しているので、
1本が被害に遭ったとしても、別の木がすぐに感染することはありません。
しかし、プランテーションではゴムノキが密集して植えられているため、
病原菌は次から次へと広がってしまいました
生態系は激変し、農園の経営は崩壊。
10年後、この土地はひっそりと二束三文で売却されたそうです。
それから70年以上、中南米でゴム農園を造る試みはことごとく失敗に終わっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在、東南アジアの新しいゴム農園に植えられているのは、
ブラジルから持ち出されたパラゴムノキの子孫だそうです。
パラゴムノキは葉枯れ病に弱いです。
すなわち南米葉枯れ病の胞子が一つでも東南アジアに入り込めば、
自動車産業はたちまちストップします。

ゴム景気が及ぼす影響は、森林破壊だけにとどまりません。
環境面で最大の問題は、ゴムノキが樹液の生産に大量の水を必要とすることです。
天然ゴムの生産は、産地の水を輸出するようなものです。
その結果、一部のゴム産地では、井戸や川が干上がり始めている地域もあるといいます。
ゴムノキの栽培が今後もさらに広がれば、各地で同じ問題が起こります。

いつか「大きな問題に」なるように思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞