/

「懐石料理」と「会席料理」

同音異義語「懐石料理」と「会席料理」

「懐石料理」は お茶の湯の際のメインである
お茶を頂く前にもてなされる食事の事を指します。
「旬の食材を使う」
「素材の持ち味を活かす」
「心配りを持っておもてなしをする」
という三大原則を掲げ
お茶の前の 一時的な空腹を満たす
少量の食事が基本となっています。
現代ではお茶会の為のお食事は
「茶懐石」とも呼ばれてもいます。

「会席料理」は
宴席にてもてなされる料理のことを指します。
懐石料理と違い、飯と汁はお食事の最後に提供されます
懐石料理はお茶を嗜むために頂くお食事に対して
会席料理はお酒を嗜む為のお食事という位置づけになります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞