井上幸一のみんなで学ぶ「住コトNEWS」

/

温室効果ガス

地球が誕生した46億年前から、
地球は太陽から光と熱のエネルギーを受け、
ずっと加熱されてています。
普通に考えればとっくに溶けてしまっているところです。

しかし、地球が溶けない理由は、
地球は太陽から受けた
光や熱のエネルギーと同じだけのエネルギー量を
宇宙空間に放射している(戻している)からです。

太陽からもらったエネルギー(光や熱など)は、
地球内部で循環したり、
海流や大気の流れ(気象現象)に乗って循環します。
循環しながら結局は
同じだけのエネルギーを宇宙空間に戻します。

宇宙空間にエネルギーを戻す過程で、地球の内部や海洋、
大気が
そのエネルギーの一部を一時的に保持してくれます。
そのおかげで、
我々は暖かい環境で快適な生活ができるのです。

大気がエネルギーを保持する(吸収する)はたらきを
「温室効果」といいます。
このはたらきをするのは
大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスです。
温室効果ガスがないと
地球の平衡温度はマイナス18℃になると言われています。

ところが最近、
地球大気中の温室効果ガスの濃度が高まっているため、
過剰な温室効果が起こっています。
これが「地球温暖化」です。
地球がエネルギーを宇宙空間へ放射する際、
大気中の温室効果ガスが
そのエネルギーを過剰に引き止めてしまい、
スムーズに宇宙区間へ放射できないのです。
産業革命以降の人間の経済活動によって、
に発生し続けている温室効果ガスの増大が原因です。
対策を講じないと、地球温暖化が進行し、
地球環境が後戻りできない
危機にさらされることになります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞