/

仕事のあり方

仕事のあり方が変わろうとしています。
「THE GUILD」

「ギルド」を主宰する深津貴之氏
「ギルド」はフリーランスの集団でできた組織です。
メンバー全員がそれぞれ法人を持っています。
弁護士事務所とか、写真家の事務所に近い構造で
事業主が集まってゆるいネットワークというか同盟を組んで
全員の仕事の実績とチームを一個の法人パッケージとしてプレゼンテーションします。
メンバー全員が一定の予算を出し合って
オフィスの維持費や備品を購入する運営費をまかなっています。

もちろんメンバーに出社義務はなく、各自が自由にオフィスに来るという感じです。
ミーティングは週に一回、1時間ぐらいです。
仕事は「ギルド宛」に来るので、やりたい人が手をあげるという方式です。
仕事に困らない仕組みを作っています。
働きたい人はいっぱい働けばいいし、働きたくない人は働かなければいい。
固定給もないから、働かなかなければゼロ。

私は「大工さんの仕事の在り方」に向いていると思っています。
「全国古民家再生協会」で「資金や建築等の法律面」のサポートをします
各地の「古民家再生協会」が地域の取り纏めの役割を担います。
「古民家活用推進協会」が不動産のことをします
「伝統再築士会」の設計さんが仕事をプロデュースして大工さんに仕事がある仕組みです。

新しい形をつくらないと「大工さんが仕事が出来なくなる」と危機感を持っています。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞