/

まちづくり

まちの価値観をどう上げるのか?
公示地価(2019年1月1日時点)で
前年からの上昇率が全国トップは北海道倶知安町。
住宅地で50.0%アップ、商業地で58.8%アップです。
パウダースノーを求めるオーストラリア人の観光客で
銀座のような賑わいです。
外国人向けの別荘用地、外国人向けの商業施設
そして日本人従業員向けの住宅地という好循環です。
これは
「京都」「鎌倉」「高山」「白川郷」なども同じで
観光客や投資家が地価上昇のけん引役になっています。
2012年第2次安倍内閣がスタートしたときのインバウンドは800万人
昨年は3000万人を突破しています
(中国人インバウンドだけで800万人超えています)
経済政策でうまくいっているのは「株価」と「インバウンド」です。
「インバウンド=地域活性化=空き家対策」の状態です。
「国産観光旅客税=480億円」もあり
2019〜2020年と古民家を中心とする再生・活用事業は旬です。
私は
「どんな田舎でもチャンスはある」と思います。
倶知安・高山・白川郷などは「便利の良くないド田舎」です。
どう「コトを創り上げるか?」なんでしょうね
各地で「DMC立ち上げ」が行われています。
全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞