/

NOと言える日本から考える

日本人は
「アメリカには曖昧」なのに「韓国には毅然と」です。
きっと「自然にそうなる」んだと思います。
【風景が如く】みるとそう見えます
これ冷静に判断している人どれくらいいるんでしょう?
「NOと言える日本」なかなか難しいですねぇ〜。

今日も韓国のお話
韓国は「儒教資本主義」です(のはずです)。
「儒教」とは中国の孔子の教えを起源とする思想です。
儒教の教えには
「五常」と「五倫」があります。
人は、「仁・義・礼・智・信」からなる「五常」の徳目を守ることで
「五倫」と呼ばれる「父子・君臣・夫婦・長幼・朋友」の関係を
維持するよう努めなければならないという考え方です。

「仁」は、人を愛し、思いやること
「義」は、利や欲にとらわれず、世のため人のために行動すること
「礼」は、謙遜し、相手に敬意を払って接すること
「智」は、偏らずに幅広い知識や知恵を得て、道理をわきまえること
「信」は、人を欺かず、また人からは信頼してもらえるように
常に約束を守り嘘をつかず、誠実であること
これら5つの教えを守れば、父子・君臣・夫婦・長幼・朋友などの人間関係がうまくいく
という考えです。

韓国は朝鮮戦争の荒廃からの復興で部品や素材は技術を持つ日本に頼りました。
手間を掛けずに韓国財閥は、製品の納入を渇望する下請けに
低価格を求め、技術革新への資金的な余力を削り
家電・自動車などで輸出立国として成長しましたが
技術面で頼りにする日本向けの貿易赤字が拡大していきました。
例えば
サムスン電子の株式時価総額は、トヨタ自動車を上回るアジア3位ですが
日本の素材・技術の輸出管理の厳格化はその付けが回りました。
そして金持ちがソウルの高級住宅地に住み
子弟が有名大に入り、財閥に就職するようになりました。
(曺法相が人々の怒りを買ったのはこれです)

韓国の成長率は2%台。約20年で半分となり
出生率は1を下回り、労働人口の減少が見込まれます。
日本は韓国より厳しい状況です。
(日本は韓国より数字上は悪いです)

徳川5代将軍・徳川綱吉は
儒教を重要視して、湯島聖堂を建立しています。
その後明治維新の
吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛らに影響を与えました。

韓国の国民感情を理解する上
「儒教」の思想を理解するのはとても重要です。
ドラッカーも「儒教」を学んだのですから
ビジネスでも「儒教」の思想は参考になります。
「儒教」が掲げている教えは素晴らしいものですが
誰もが孔子が求めるような高潔な存在になれるわけではなく、
今さまざまな問題が生じています。

日韓関係・・・
「儒教の教え」この原点を大切にすべきではないか?と思います。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞