/

時代は変えていかなきゃ

コロナによる
休校が長期化したことを受けて急浮上していた「9月(秋季)入学」
東京大学も秋季入学の導入を検討したことがありましたが
今回も導入は見送られます。

世界の常識から考えれば「チャンス」でしたが
解決すべき課題は非常に多岐にわたり断念しました。

1番大きな問題は
「国、企業の多くの会計年度が4月スタート」ということでした。
大学入学後の半年間は授業のない「ギャップターム」を設け
大学だけ入学時期を9月入学にするという案も出ました。

私は
「時間を掛けても9月入学はすべき」
との意見を出しましたが「今後の課題」となりましたから
きっと・・・このまま立ち消えとなります。
(本当は検事の定年延長より大事なことだと思いますし
まあこの問題は偉い人達が考えればいいことで・・・)

「明治維新」
徳川家康の築いた「江戸」を現在の「東京」に変えました。
700年続いた武家政権が終わりを告げ
西洋の文化が流入したことで人々の暮らしは一変します
将軍から天皇へ、江戸城は東京城(皇居)もこの頃です。

「ザンギリ頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」

文明開化の始まりです。

1868年に明治政府が誕生し、小学校の始まりは1月が多く、
当時は学年制がなかったため特に決まりはなく、
中学校や師範学校の多くは9月始まりだったそうです。
それから17年後の1886年
当時日本との関係が深かったイギリスの会計年度が4月から翌年3月だったことから
イギリスを参考に4月から会計年度が始まっています。
国の会計年度は
財政法という法律で4月1日から翌年3月31日までと決められました。

学校制度が始まった明治初期からしばらくは
日本も欧米などと同じく9月の入学の時期が有ったのです。

広い視野でみてグローバル化から「9月入学がいい」のは明らかです。
それを
「強いリーダーシップで日本を夢ある未来へ導くことが出来るか?」
大事なこの2~3年となります。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞