/

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。
初詣・・・(「日刊WebNEWS」から抜粋)
96958A88889DE5E7E1E4E4E6E4E2E2E5E2EAE0E2E3E6E2E2E2E2E6EB-DSXZZO8101660017122014000001-PN1-16

初詣は元日から3日までの「三が日」か、
7日までの「松の内」の間にするのが一般的です。
作法の基本は「神様に失礼がないようにする」ことが基本。

1。一礼して鳥居をくぐる
2、中央を歩かない
3、左手→右手→口の順で清める
96958A88889DE5E7E1E4E4E6E4E2E2E5E2EAE0E2E3E6E2E2E2E2E6EB-DSXZZO8136260026122014000000-PN1-10

4、賽銭を入れ鐘を鳴らす
5、一礼、二拍手、一礼
96958A88889DE5E7E1E4E4E6E4E2E2E5E2EAE0E2E3E6E2E2E2E2E6EB-DSXZZO8136261026122014000000-PN1-10

※神社で祈る際は、願い事を唱えるだけでなく、まずは神様への感謝の言葉も忘れずに。
さらに自分の名前と住所も心の中で伝えることが肝心。
※二礼二拍手一礼は一般的に神社で参拝するときの作法。
お寺では柏手を打たず、そっと合掌します。
96958A88889DE5E7E1E4E4E6E4E2E2E5E2EAE0E2E3E6E2E2E2E2E6EB-DSXZZO8009939025112014000001-PN1-18

有名な神社仏閣に詣でるのもいいですが、まず近くの氏神様に行くのがおすすめ。
氏神様とは、地域の家々や人々の守り神。
大きな神社や有名な神社に行くのもいいがその前に氏神様にいき、
地域や家族の安全や健康を祈りましょう。

今年もよい年にしていきましょう。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞