/

未来の子ども達の為に

2025年
団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者になります。
超高齢社会。人口減少・・・・
無限に国債を増発して年金や医療・介護費用を支払っていくのは不可能なので
社会保障費が際限なく膨らんでいきます。

日本は「日本は貧乏な国」です。
ディズニーランドの入場券は中国や東南アジアよりも安い日本です。
日本はいつの間にか「安い国」になっています。
香港やシンガポール、上海や北京の女性は
「日本は物価が安い」
といって1泊2日、2泊3日で東京にやってきて買い物をします。
昭和の時代(もちろん戦後)は逆でした。
日本が外国に「安いから」買い物に行ってました。

今、日本はインバウンド需要に沸いています。
訪日客が増える一番の理由は日本の物価が安いからです。

昭和の時代・・・「アジアで一番、世界の中でも富裕国日本」でした。
韓国、台湾、香港、シンガポールにつづいて中国が驚異的な経済成長を遂げ
東南アジアがそれを追っています。
アジア各国が急速に豊かになり、唯一、日本だけが成長から脱落したのです。
GDPで中国に抜かれ、1人あたりの豊かさではシンガポールや香港に大きく引き離され
韓国に並ばれようとしています。
経済成長はアジア全域に広がり
中国人や韓国人だけでなく、タイ人、ベトナム人、インドネシア人などが
たくさん日本に観光旅行に来ています。
ベトナムのホーチミンやハノイに高層ビルが建ち
道はきれいに舗装され、高級住宅地が多くあります。

日本人はアジアを下に見てきたんだと思います。
欧米(白人)にはコンプレックスを持っていましたから
それを「自分たちがアジアで一番」という自尊心で埋め合わせてきたのかもしれません。

鳥の目でみたらもうそんな時代ではありませんし
魚の目でみたら日本は益々貧乏な国になりそうです。

未来の子ども達の為に・・・・私たちにできるコトやらなきゃいけません。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞