/

空き家の増加

空き家増加が止まりません。

自治体は
仲介業者が採算性の面で取り扱わないような物件を、
「空き家バンク」によってマッチングさせています。
しかし「空き家バンク」はあまりうまくいっていません。

近年活発化したのは地方を中心に空き家を
数百万程度で安く買い取り、数百万円程度で改修し
1,000万円から1,500万円で売る「買い取り再販ビジネス」です。
新築の半値程度で立地が良ければ需要はあります。
空き家を買い取る目利きが
この立地でこの状態ならば売れると見込んだ物件を仕入れ成功しています。
都市部においては地価の高さから販売価格が高くなり、
新築との競争力を出しにくいため、地方を中心に成長しているビジネスモデルです。

「廃墟不動産投資」というビジネスもあります。
所有者から安く借り、最低限の改修を施し、相場より安い価格で貸し出したり
借り手が自由にDIYで改修を行い
原状回復の義務がないDIY型賃貸としたりします。
荷物だらけの古民家・・・
未内装のままぼろぼろになっていしまった古ビル・・・
ほとんど空室のアパート、昭和の団地やマンションなど・・・・
価値がないと思われている物件を、DIYによって再生させています。

ウェブ上
どんな空き家の掲載も可とするマッチングサイトもあります。
「家の100円均一」や「家のメルカリ」などがそうです。
空き家を抱える所有者が
手放したくてもどうしても買い手がつかない場合、
最後はただに近い価格やマイナス価格で投げ売りをしています。

様々な形で「空き家問題」に取り組んでいますが
一時的に空き家が使われても
将来的には管理が放棄されると意味はありません。
例えば
マッチングサイトで安く手に入れた人の中には、
要なくなったら売れば良いとの考え
結局は、そうした物件を最終的に誰が管理
処理するのかという問題に突き当たることになります。

「空家対策特別措置法」に基づく、
強制的な取り壊しを含む代執行、略式代執行は
費用を回収できないケースが多くなっています。
結局、空き家処理で公的負担が増していきます。

人口減少で空き家が増えることはしょうがないのですから
空き家課題解決へは
「地域で地域のことを考える」が必要だと思います。
地域で「発生抑制」「利活用」を考えなきゃいけません。

空き家課題解決へ・・・・しっかり取り組んでいきます。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞