/

就寝一体

今回は今と昔の住まい方の違い【就寝一体】
お客様中心ということになります。
就寝一体とは、実は就寝分離の対義語として作られた言葉です。
就寝分離は寝食分離ともいい、睡眠を取る場所や団欒、
家内仕事などをおのおのの部屋で分ける事や、
親と子や、男女で部屋を別にして寝ることで、
戦後、欧米の個人主義の考えと共に
就寝分離の考えで間取りが変化しました。

対して伝統構法は和室を思い出すと理解しやすいですが、
畳の部屋でちゃぶ台を出して食事をとり、家族団欒を行い、
寝る場合にはちゃぶ台を片付けて押入れから
布団をだしてみんなで川の字で寝る
ひとつの部屋で複数の行動を行っており、
和室はその用途に向いていたのです。

お客様中心の間取り「田の字の間取り」
田の字の間取りは日本固有の間取りであり、間取りとしての原点です。
各スペースを機能により固定化し
その中でもオモテの部分がお客様が来られた時のみに使用する場所となります。

このオモテ部分は庭が眺められて日当たりの良い
一番良い場所に最も内装などにも趣向を凝らし予算をかけて作られました。
オモテには床の間があり畳が敷かれました。

畳は通常は収納しており、お客様が来られた時だけ敷いていたようです。
また玄関もオモテに作られますが、玄関はお客様と家の家長のみが使用でき、
その他のものは土間や台所の勝手口から出入りしていました。
お客様第一の家づくりだったのです。
まさに日本のおもてなし文化の原点かもしれません。

全国スケジュール

井上幸一のオススメ

住育ライフ
再築大賞